RALLY TALK VOL.9 ハワイ卓球協会会長 リック会長


2009年の第一回大会からハワイラージボールオープンの大会運営委員長を務めてもらっているハワイ卓球協会会長のリック会長にインタビューしました!


(左)リック会長 (右)通訳のミホさん

Q1
今回で3回目となりますが、大会開催準備など大変ではないでしょうか?
運営委員長の石塚さんを始め、副運営委員長の平井さん・遠藤さんがいろいろとお手伝いをしてくれたので大変ではないです。




 
Q2
クラブの皆さんは大会に参加してみてラージボールをどのように評価していますか?
みんな、ラージが大好きです。毎年毎年、練習する期間が長くなって、真剣に取り組んでいます。




 
Q3
現在、日本の他、韓国、中国、グアムで少数のプレイヤーがラージを楽しんでいるようですがハワイではどうでしょう。
特別にラージボールを練習している人は少ないですが、こちらの人は新しいことをやることが好きなのでラージボールも楽しくプレーしています。




 
Q4
話は変わりますが、会長と卓球の出会いは?
小学6年生の時に初めて卓球というスポーツに出会い、2年後の中学2年生でオレゴン州で有名なクラブチームを友人に紹介してもらい、始めました。
その後、1981年にハワイに来て約10年間プレーをした後、2001年にハワイ卓球クラブの会長となり、運営に携わってきました。卓球と共に自分も成長してきました。




 
Q5
ハワイの卓球事情について教えてください
ホノルルには私が運営しておりますハワイ卓球クラブの1つしかクラブがありません。
ハワイ卓球クラブは総勢80名の人が所属しており、練習場所はパラマ体育館の他にも5,6ヶ所の体育館があり、そこで練習しています。卓球人口は年々増えていますが、体育館の使用レンタル料が高くて練習する場所があまりないのが現状です。
ハワイにはホノルルの他にもハワイ島・マウイ島にもクラブがあります。




Q6
今後のクラブの活動や目標は
今の状態を続けて、さらに会員数・練習場所をもっと増やしたいです。
日本からのクラブを大歓迎し、もっといろんな人と交流・試合をしていきたいと思いますので皆さんお待ちしております。


 
Q7
来年もハワイラージボール大会を運営していただけますか?
もちろん、もちろん、もちろん。
定期的に毎年開催したいです。
 
 パラマ体育館 練習の様子
 
 


 
 
大会中にもかかわらず、気さくにインタビューに応じてくれました。

リック会長、通訳してくれたミホさん、本当にありがとうございました。
来年もぜひよろしくお願いいたします。






**********************************
卓球旅行の専門店WLPP
We Love Ping Pong
**********************************