RALLY TALK VOL.1 上宮高校卓球部監督 河野正和さん

VOL.1 上宮高校卓球部監督 河野正和さん

全日本ジュニアチーム男子監督の河野正和先生(上宮高校)が昨年の9月末よりイギリスへ1年間の予定(JOCスポーツ指導者海外研修事業)で留学されています。早速現地へ飛んで近況をインタビューしてきました!

Q 最初にイギリスの生活について質問します。こちらの生活には少し慣れましたか?

9月の終わり頃こちらにきました。最初はクラブで予約してくれていたホテルに10日間、 その間に不動産屋巡りをして、隣町に気に入ったマンションがあったのでそこを借りました。
クラブはミドルズブラ(イングランド北東部の都市)にありここ(Yarm)から車で20分ほど、ミドルズブラはサッカーのプレミアリーグのチームもありなかなかの都会です。といっても大阪ほどではないですが・・・。
イギリスでのマンション ドルズブラ卓球クラブ
イギリスでのマンション       ドルズブラ卓球クラブ

Q クラブについて教えてください
クラブの名前は「オルメスビー卓球クラブ・」です。クラブの 会長が元イギリス卓球協会長のアラン・ランソムさん。イングランドでは強豪チームの一つですが、うち(上宮)の方が強いと思います(笑)。
クラブには子供から大人まで約200名が所属しています。そのうち毎日練習する選手コースは男子選手(なぜか1名は13歳の女子)ばかりで、ホープスから U-22歳の選手が12、13名です。私はその選手コースの臨時コーチと言った感じです。日本のJNT監督という肩書きのお陰で、クラブの人たちが期待し ているようです。練習を含め普段の生活など、キャロルというおばさんの主任コーチが主に私の面倒を見てくれています。

Q 普段の生活について教えてください
こちらに着てからも日本ジュニアの試合でヨーロッパ各国へ出かけたり、世界ジュニアで南米チリに出かけたりと留守がちで、イギリスにいるような気がしなかったのですが、1月からはやっと落ち着いてここにいる時間が多くなりました。
普段の午前中はスーパーで買い物やハウスワーク、単身赴任の苦労をたっぷりと味わっています。月曜日から木曜日までは夕方5時30分にクラブに行き、集 まってくる子供たちの指導で夜9時まで3時間半びっちりと、金曜日からは日曜の夜まではほとんど遠征です。
こちらではイギリスあちこちで子供たちの交流試合(オープン大会)があり金曜日の午後にクラブの子供たちと親が集まり、自分たちの車数台で遠征先へ向かい ます。この前はイングランドの南部の町まで片道400km位を運転していきました。土日に試合をやって日曜日の夜にまた帰ってくるのです。コーチも大変で すが親も大変、日本にも子供の指導に熱心な親御さんがたくさんおられれますが、こちらも負けず劣らずで本当に頭が下がる思いです。

Q 英語は上達しましたか
あかんなあ。でも少しずつですが、初めはキャロルおばさんが何をいっているかぜんぜん分らず先行き暗くなりましたが、ここのひどいなまりに慣れてくるとまぁなんとか相手の言っている事が少しわかるようになりました。時間も出来たのでこれからは英語学校に行く予定です。
子供たちもコーチも親も僕の英語がうまくなるのを期待していますから。まぁ、いまのままでも、文句いわれても分らんからそれはそれで気楽だけど(笑)
 

Q 教えている子供たちの中に有望な選手はいますか?例えば上宮に連れて帰りたいとか…
素質的には素晴らしいものを持っている子は何人かいます。中でも現在14歳のポールと言う子はイングランド卓球協会の期待の星で、うまく育てることが出来 ればイギリス代表クラスになるかも知れません。でも問題は育て方でしょう、全体的に親が子供たちのご機嫌をとっているような雰囲気もあるので、甘えてし まって途中で挫折する子供が多いとこちらのNTコーチも嘆いていました。上宮につれていって3日もつかどうか・・・(笑)。
こちらの指導も日本と同じで「いかに練習に来させるか」と「子供たちにやる気を出させるか」のようですが、子ども自身がハードな練習をしないで、すぐ遊び の練習になりますね。私自身我慢強くなりました。 ときどきく通じないにもかかわらず指導法を巡って討論することもあります。

3ヶ月経過しましたが、イギリスと日本と現場の違いは感じますか?
まだ短い期間なので何ともいえませんが、イギリスも含めヨーロッパはクラブ単位ですよね。小学生から高校、そしてシニアまで同じクラブに所属し続ける為 に、一貫したコーチングができます。子供たちもシニアの良い選手と一緒に練習し、毎日良い刺激がある。本当にやる気になった子にとってはすばらしい環境が あります。
また、クラブに所属する選手もコーチも地域に根ざしているので、クラブについているサポーターの数も多い。だからヨーロッパクラブ選手権の太鼓、ラッパ、大声援など日本では想像のつかない熱狂的な応援もわかる気がします。
その点、日本では小学校、中学校、高校、大学と分断されています。熱狂的なファンもつきにくい。日本のやり方にもメリットはあると思いますが。約9ヶ月の滞在期間に出来るだけクラブや試合会場にいき、多くの事を吸収したいと思います。

卓球情報誌
卓球情報誌


どうもありがとうございました。これから益々寒くなるので健康には気をつけて 頑張ってください。







**********************************
卓球旅行の専門店WLPP
We Love Ping Pong
**********************************